ガールズバーのあれこれ

ガールズバーと聞くとどのようなものを想像しますか?
女性が、お客さんの隣の席についてお酌をしたり、会話をしたりするなどして楽しませる女性スタッフがいるところ。そんなところでしょうか。しかし、少しこれは間違っており、キャバクラに該当します。
キャバクラとは同じ、ほとんど同じ、といったような認識の方が多いと思いますが、この2つの両者は大きく違います。
まず、キャバクラでは当たり前なお客さんと一緒に飲む際に、客席へ座りお酒を飲んだり会話をすることはできません。
そのため、例としてはBARなどを想像してみると良いかと思います。
BARでは、バーテンダーさんがカウンターの中にいて、席に座ったお客さんの前で、数人のお客さんと会話をしたり、軽い料理を振るまったり、お酒を提供したりしていますね。
まさにそのバーテンダーさんの役割を女性が行うのがガールズバーです。
ではその差は何なのかと思う方もいることと思いますが、隣に座ってサービスを行うのと、バーテンダーのような形式にてサービスを提供する。この差が、実は風営法的な問題を回避することができるかできないかを分けているのです。
キャバクラでは、風俗営業の接待飲食等営業というカテゴリーとなり、各都道府県の公安委員会へ申請を提出し、許可を得ることがはじめて営業をおこなうことが可能となります。これは営業種別の問題となりますが、同じような業種カテゴリーとなるホストクラブや、大分数が減ったもののまだ都内を中心の繁華街に存在しているゲームセンターなどもこれと同じく該当しています。
そのため、午前0時から日の出まで深夜に関しては営業をしていけないとなっているのです。
しかし、これとは違い、深夜酒類提供飲食店という許可で営業をすることができるガールズバーは、なんと終夜営業を行うことが可能で、地域の場所や条例によっては該当しない場合もありますが、原則としてキャッチによるお客さんを呼びこみをしても問題のないルールのもと、営業をすることができるのです。